最近のコメント

最近のトラックバック

« 今日のアド街 「ゲゲゲの水木先生がイモムシハンドブックを...」 | トップページ | 迷彩シート生産終了のお知らせ »

タカの渡り in 武山

去る10月2日。久しぶりに広がった真っ青な秋空に導かれるように、関東のタカの渡りの名所である、横須賀の武山に行ってきました。

Sasiba

武山は、タカの渡りの定番種、サシバ、ハチクマの数自体はあまり多くはないのですが、向かいに見える房総半島富津岬を飛び立ったサシバがこちらに向かって少しずつ近付いてくる様が見られることや、時折タカが真横を飛びすぎることが魅力のタカ見スポットです。

朝8時。JR横須賀線の横須賀駅(京浜急行線横須賀中央駅でも可)から京浜急行バス(三崎東岡方面か長井・大楠芦名口方面)に乗ること約15分。一騎塚で下車します。

来た道を少しだけ戻り、すぐに右折、そこから50メートル程前進して左折すると、延々と続く長い坂道が現れるので、富士見小学校を左手に見ながらひたすらにその坂道を登って行きます。

坂道を登り終わりそのまま住宅地を道なりに進んで行くと、ようやく武山の登山口に到着。

Tozanguchi

案内によれば、ここから武山山頂まで二千歩らしいですが、心臓破りの坂道を20分以上またひたすらに登ります。
途中、アオゲラやヤマガラ、エゾビタキなどが疲れを癒してくれるので、休み休み進みましょう。

朝9時。息も絶え絶えにかろうじて山頂のアゼリアハウス展望台に到着。週末ということもあり、すでに先客で埋まっています。

Tennbou1

三脚を広げるスペースが取れなさそうなので、400mmF5.6レンズを手持ちで撮ることに。
さっそくサシバの若いのが横を通り過ぎて行きます。

Sasibay

「ワシタカは識別が難しくて…」と言う方も心配ご無用!展望台の上側で調査をされている方々が逐一「鉄塔上空サシバ2羽」という具合に報告してくれます。もちろん、ひとめでわかるワシタカ識別シート新訂ワシタカ類飛翔ハンドブック があれば、予習・復習もバッチリ

10時くらいにはサシバ10羽くらいのタカ柱も出現(タイトル写真)。

ホビー君ことチゴハヤブサの若鳥登場。ハヤブサというよりアマツバメに似た姿や動きでしばしばトンボを捕まえる様を見せてくれます。チゴハヤブサの出現率が高いのも武山の魅力の一つです。

Chigohaya

ハシブトガラスに絡まれながら、地付きの(?)オオタカ若鳥出現。反撃を試みるものの結局カラス5羽に追われることに。

Ootakakarasu1

こちらは絡んでくるトビ二羽にキレるノスリ。こういったシーンも良く目にします。

Nosuri1

また、今回は口にするのもはばかれるようなまさかの珍タカも出現タカ見の展望台がフィーバーしました。武山(たけやま)のタカの渡りの速報をご参照ください。

Akaasi3

撮影コマ数が2,000コマを数え、タカの渡りを存分に満喫したので、早々に12時には撤収しました。

タカの渡りは運次第で、行けば必ず見られるというものではありませんが、天気の良い日を狙ってタカの渡りに挑戦されてはいかがですか?

BIRDER SPECIAL タカの渡りを楽しむ本にも武山はイラスト付きで紹介されています。

Iwamoto

« 今日のアド街 「ゲゲゲの水木先生がイモムシハンドブックを...」 | トップページ | 迷彩シート生産終了のお知らせ »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ