最近のコメント

最近のトラックバック

« 春はカエルとイモムシ!(笑) | トップページ | 東急沿線グリーニングキャンペーンで「苗木プレゼント」 »

私たちにもできるボルネオのどうぶつたちを救う方法!

木材伐採やその後のアブラヤシプランテーションへの転換などで、熱帯雨林がどんどん減少しているボルネオにすむオランウータンのポストカードをご紹介します。

Borneosイラストは月刊BIRDERのイラストや絵本でもおなじみの小林 絵里子氏が手がけていて、ボルネオの自然の中でのびのびと生きるオランウータンの姿があたたかいタッチで描かれています。しかし、オランウータンの現状は厳しく、1900年頃に約18万頭いたボルネオオランウータンは今では41000頭にまで減少しているとか

この絵はがきの売上の20%(30円)は「ボルネオ保全トラスト-緑の回廊計画-」に寄付されます。また、用紙は「間伐材紙」を使用し、この紙の売上の一部は、「にいがた"緑"の百年物語-木を植える県民運動-」に寄付されます。

いつまでもポストカードのイラストのような光景が続いて行ってほしいものですね

ボルネオのどうぶつたち 小林 絵里子画の詳細・ご購入はこちら

« 春はカエルとイモムシ!(笑) | トップページ | 東急沿線グリーニングキャンペーンで「苗木プレゼント」 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ